フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月21日

自分に不安を抱く人ほど、他人を無価値化しようとする



他人を攻撃せずにはいられない人」(片田珠美/PHP研究所)より

「他人を攻撃せずにはいられない人」


『自分の能力に不安を抱いていて、

 自信のない人ほど、他人を無価値化して、

 自分自身の価値を保とうと

 するのである。』(p109)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 まず「無価値化」とは、

 具体的にどういうものでしょうか。



 「お前はダメ人間だ」「あいつは無価値なやつだ」

 などと、時には本人に対し直接、しつこく吹き込み、

 時には周囲の人間に向けて繰り返し宣伝する。

 

 いわば周囲にとっては「株(評価)を下げ」させ、

 本人にとっては「力を失くす」ように仕向けること。



 もちろん、たとえ実際には言葉通りにならなくても、

 無価値化を目論む当人が「しめしめ」と思い、

 自己満足が得られさえすれば、一応の「成果」です。

 (もちろん、実情と異なればすぐに露呈しますが)

『まず、無価値化によって、世界を、善=価値のある存在と、悪=価値のない存在の2つに分けることができるからである。もちろん、この分割によって、攻撃欲の強い人は、善の側に立つことができるわけである。』(p109)


 この「自己満足」の別名が、「優越感」。

 そして、そうまでして優越感を得たがる理由。

 それが、自身ではどうしようもない自信のなさ、

 すなわち「劣等感」に他なりません。



 言うまでもありませんが、

 この劣等感という代物は、大きければ大きいほど、

 自分自身で直視するのが恐ろしくて仕方なくなる。

 そんな性質を持っていますね。

『しかも、他人の価値を低下させれば、自分とは異なる考え方や見方を排除することができるので、自分のライフスタイルに疑問を感じなくてすむ。結局、価値があるのは自分自身のライフスタイルだけだというふうに思い込んで、そこに安住していられるわけである。』(p109)


 つまり、こういうことになります。



 「日頃の人間関係で、誰かを無価値化したがる人」

 イコール、

 「自らの内面を観る勇気のない、懦弱で臆病な人」。



 このことをしっかり見抜いてしまえば、しめたもの。

 特に利害関係がない場合に限るとはいえ、

 ネガティブキャンペーンを仕掛けてくる相手に対し、

 「弱い犬ほどよく吠える」と受け流して、

 真に受けずにすむのですから。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

片田珠美 PHP研究所 2013-11-15
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ