フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月20日

人を見て投資せよ



僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版」(瀧本哲史/講談社)より


を見て投資せよ』(p209)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 著者によると、このフレーズの元となった発言は、

 ウォーレン・バフェット氏のものだそうです。

 氏は、世界一の投資家とまで称されてるので、

 ご存知のかたも多いかもしれません。



 そんな氏の投資スタイルは、

 本来的な意味での“投資”、まさにそのものと言えます。

『彼の投資哲学は、長期的に見て勝ち続けている会社、30年後の未来でも伸びていると予測できる会社だけに大きく投資する、という点で一貫している。そして彼は、株を買ったらいっさいいじらない。投資した企業は、もともといる経営陣にそのまま経営を続けさせる。資本を安定的に支え、きちんと高額な役員報酬を与え、経営者が安心して運営できる環境を提供する。』(p208)


 「いじらない」とは、

 「他人の会社を自分色に染めようとしない」

 と言い換えてもよいかもしれません。



 いくら株主として権利があるとは言え。

 企業は「法人格」でもある以上、

 「染めようとする」ことは、

 「他人を自分の思い通りにしようとする」のと、

 本質として何も変わらないのかもしれません。



 病的で手術が必要な状態は別としても、

 相手・企業が心身ともに健全であるなら、

 (あるいはそう見込んでいるのなら)

 無闇な手出し口出しは、悪質な横ヤリというもの。



 そんな自制を実践するには、まず、

 自分自身の人格を磨くのが欠かせません。

 となると、まず自分自身への投資があってこそ、

 他人への投資にも大きなリターンが得られる――

 という筋道が浮かんできます。

『「投資」とは、お金を投資することだと一般的に思われているが、本質的な「投資」とは、自分の労働力や時間、人間関係を投資することでもあるのだ。』


 最低限の意味でいえば、

 「投資」とは、「元を取ること」。



 始めから見返りを期待してばかりなのも考えものです。

 が、どんな意味での「豊かさ」であっても、

 それを長期的に実現している人は、

 一切の例外なく、“元が取れている” 。

 これはまぎれもない事実なのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

瀧本哲史 講談社 2013-11-15
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ