フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月15日

勝つとは最良の結果を出すこと



史上最強の大富豪になる方法」(スティーヴン・K・スコット/トランスワールドジャパン)より


『本当の意味での「勝つ」とは、

最良の結果を出す」ことだ。』(p121)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「7つの習慣」 における「Win-Win(自分も相手も勝つ)」。

 あるいは「売り手よし、買い手よし、世間よし」、

 つまり近江商人のモットーとして知られる「三方良し」。



 今日のフレーズが意味するところは、

 まさにこれらと理念を同じくしています。

『「議論に勝つ」とはどういうことか?
 と問われたら、普通は、「自分の望むことをするために、意見が異なる人を自分の意見に従わせること」だと応えるだろう。
 だが本当の意味での「勝つ」とは、「最良の結果を出す」ことだ。言い換えれば、「全員が望む状態を実現する」ということになる。
 それでも、偏った考え方や、相手を負かしたいという欲求、全体に目が届かないことのせいで、認識力が鈍る場合がある。そのときは、事実の把握が不十分だったり、自己中心的になったまま議論することになる。
 ヘンリー・フォードが「大衆車を製造する」というビジョンに同意してくれるよう、投資家を説得したときには、フォードも投資家も、世界の何百万人もの人も「勝利」した。だが、後にフォードが、「車体は黒一色にする」という路線を守るよう説得したときには、彼は議論に勝ったが、会社が倒産しかけてしまった。』(p121)


 引用では議論を例にとっていますが、

 同じ構図はあらゆる場面に応用できます。



 相手を負かしたり、世間への悪影響を顧みない行為によって、

 自分が優位に立つ(利益を得る)のではなく。

 相手や社会にとって有益になる選択と言動を通じて、

 自らも恩恵を得ることが、真の「勝ち」といえる―― 



 もちろん容易なことではありません。

 自己中心的ではもちろんのこと、自己犠牲でも成り立ちません。

 それでも、せっかく人として産まれてきたのですから、

 つねに目指す価値のある到達点ではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



史上最強の大富豪になる方法

スティーヴン・K・スコット トランスワールドジャパン 2009-12-06
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ