フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月12日

時間は短いのでなく、多くを浪費している



人に好かれたら、仕事は9割うまくいく」(秋庭道博/学研パブリッシング)より


『われわれは

 短い時間をもっているのではなく、

 実は、その多くを浪費しているのである。』(p94)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 人生は短い、という人もいます。

 人生は長い、という人もいます。

 どちらも正しく、そして、どちらも偏っています。



 「長いから、のんびりいこうよ」というのは、

 アクセクして息詰まっている人のための言葉。

 「短いから、悠長に構えてなんかいられない」

 というのは、ただ漫然と生きてる人向けです。



 不思議なことに、今日のフレーズには、

 そのどちらにも当てはまり活きるニュアンスがあります。



 アクセクしてしまうのは、ただ遮二無二なばかりで、

 時間を有効に活用する工夫を怠っているから。

 漫然なのは、人生がこのままでずっと続くと錯誤し、

 時間を浪費しているという自覚に欠けるから。

 

 容赦のない言い方ではありますが、

 概ねそんな指摘に置き換えられるのではないでしょうか。

『本当に有能な人ほど「時間がない、時間がない」とか、「忙しい、忙しい」などということを、愚痴のように言わないもの...
 ローマの哲学者であるセネカは、「われわれは短い時間をもっているのではなく、実は、その多くを浪費しているのである。人生は充分に長く、その全体が有効に費やされるならば、もっとも偉大なことも完成できるほど豊富に与えられている」と述べているくらいです。また、ゲーテも、「うまく使えば時間はいつも十分にある」と言っています。』(p94)

 
 なるほど。17世紀フランスのモラリスト、

 ブリュイエールもこう喝破しています。

 「時間の使い方がもっとも下手な者が、

  まずその短さに苦情を言う」


 

 どれも本質的に全く同じ意味の言葉です。

 歴史上、名も功績もある面々が、

 それらをこぞって遺した、その胸裏には、

 「私も今よりもっと時間を有効に使えれば、

  もっと人のためになる仕事ができたのに」

 という悔しさがあったのではないか、とさえ感じます。



 ただし。勘違いしてはいけないこともあります。



 時間の浪費だから、休まない、眠らない。

 時間の無駄だから、遊ばない、寛がない。

 これこそ時間の浪費や無駄に他ならない――

 結果としてそうなるのも往々にしてあること。



 散歩。瞑想。読書。観光。

 その他、ありとあらゆる「心身を豊かにする”無駄”」。



 休ませる時には休ませることに、

 遊ぶ時は遊ぶことに、きちんと没頭すること。

 あなたを追い詰めるクヨクヨを頭から追い払い、

 すり減った刃を研ぎ直す時間は、

 決して”浪費” にはならない――

 

 いわば、“浪費”と“無駄”は、

 確かに重なる部分も多いけれど、

 イコールではない、実は別物である、

 ということは忘れてはいけません。





 ――蛇足に、ひとつだけ目安をあげるなら。 

 たとえば「ワクワクするもの」は、

 無駄であっても浪費ではない、という具合ですね。



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■





posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ