フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月10日

愚鈍さこそ人の手本



爆笑三国志〈3〉」(シブサワコウ/光栄)より

『荀攸...

 曹操は彼を評して

「その英知には近づけても、

 愚鈍さには近づけない」

 とし、彼こそ人の手本となるべき

 人物であると述べた。』(P25)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 勤勉は美徳ですし、賢さは人生を切り拓く武器です。

 が、真面目がすぎるあまり、怠ける他人をこき下ろしたり、

 学んで得た知見や学識に驕り、人を見下すようになっては、

 まったくの逆効果にもなってしまいます。



 今日のフレーズの「愚鈍」とは、決して、

 「間抜け」ということではないでしょう。



 「夫婦円満の秘訣は、どちらがが『バカ』になること」

 そんな言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、

 ある意味それと同じこと。



 ざっかばらんに言えば、相手を思いやる心、

 となるのではないでしょうか。

『裴松之に「賈ク(※言偏に羽)は『おがら』だが、荀攸は『夜光珠』だ(なにもそこまで……)と賞賛されているその人柄は、幼いときの逸話によく表れている。
 七、八才の頃、叔父...が酔ってうっかり荀攸の耳を傷付けたことがあった。しかし荀攸は叔父を思いやり、彼の側では気づかれないように耳を隠していた...。八つの子供にこんな扱いをされて、叔父さんもちょっとショックだったかも知れないが、「この子はただ者じゃないぞ」と密かに期待をかけることになったのである。』(p24)


 年長者だとかに一切関係なく、

 他者にいたずらに罪悪感を抱かせまい――

 この場合は、そんな「思いやり」となるでしょう。

(もちろん、並の児童にできることではないですし、

 成人でさえなかなか自制できる人はいませんが……)



 こればかりは、単なる勤勉で身につけられるわけでなく、

 賢しらなばかりの賢さとは、むしろ対極にあたる「智慧」。

 いわば、人が幸せであるために人に備わった、

 本物の「かしこさ」に思えてなりません。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



爆笑三国志〈3〉」(シブサワコウ/光栄)より
爆笑三国志〈3〉 (歴史人物笑史)

シブサワ コウ 光栄 1992-10
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ