フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月25日

完璧主義の人は、前例主義で考える




力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣」(古川武士/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より



『完璧主義の人は、

 安心・安全のために

 前例主義で考える傾向があります。』(p116) 





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 仕事でも遊びでも、その他どんなことでも、

 「ずっと慣れ親しんできたもの“だけ”」

 「今の自分が確実にできること“だけ”」

 に徹する内は、実に快適なものです。



 この快適さは、必ずしもポジティブとは限りません。

 ここに安住してしまうと、成長も変化も感じられず、

 じわじわと退屈に蝕まれていく……

 という場合が往々にしてあります。



 逆に「今までやったことのない仕事」

 「これまで試したことのないやり方」

 に足を踏み出すとき、不安がつきまといます。

 が、自分の成長や新たな可能性は、

 多くがその不安の先にあるものです。

人は変化を恐れ、現状維持を好みます
 だから、ちょっとしたことでも慣れ親しんだ場所、人間関係、仕組み、やり方に固執します。さらに完璧主義の人手あれば、失敗を恐れるので、変化を避ける傾向が強いのです。
 そのため、今までのやり方が古く、非効率になっていて、周りが新しいやり方に移行しても自分だけは古いやり方にしがみついていることがあります。』(p127)
『新しいやり方を試すことは、日常の自分の業務でも、圧倒的な成果を手にすることができる可能性を秘めているのです。
 そのためには、日頃から少しずつ、新しいことに挑戦することをお勧めします。』(p129)


 ところで。

 伝統工芸などに代表される「ハイレベルなプロの職人仕事」。

 その多くは、実際には地道で同じ作業の繰り返しです。

 つまり、一見すれば前例主義と共通の、

 「慣れ親しんだ」「確実にできること」。



 が、自分の仕事に退屈するベテラン職人さんに、

 私は会ったことがありません。



 その理由は簡単に思い至ります。

 「同じ内容の仕事」の中に、

 「前回よりも質の良い仕事をする」意欲があるからです。

 更なる高み(という未知)を目指し続けることもまた、

 「新しいこと」の積み重ねといえるのではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

古川武士 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-11-20
売り上げランキング : 45279
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年11月24日

うまくいかないときが気づきの好機



天使のメッセージ〈2〉幸せに導く愛の言葉」(中森じゅあん/大和出版)より


『何事にせよ

 うまくいかないときが気づきの好機。』(p14)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「命」という字を分解すると、

 「人は一度は叩かれる」となります。



 誰にでも、生涯に少なくとも一度は、

 徹底的に打ちのめされる状況に出遭う、

 という法則を見事に表しています。



 ではなぜ、そんな理不尽が降りかかるのか。

 理由を問うのも野暮なことではあるでしょうが、

 それでもあえて理由付けをするなら、

 「成長するため」

 ただこの一点に尽きるのではないでしょうか。

『物事がスムーズに運ばないのは原因があります。
 アセらず嘆かず人のせいにせず観察しましょう。』(p14)
『あなたが直面している現実はメッセージです。
 あなたが何を思い、感じ、信じているかです。』(p11)


 身の不幸を他人のせいにして嘆いてばかりいる人を、

 あなたは「とても成熟した人だ」と思うでしょうか?



 辛いことがあっても前を向いて朗らかに生きる人を、

 あなたは「幼稚で頭の悪い愚か者」と見下せますか?



 この両者を分けたものはきっと、

 「好機」を活かし、自ら心を学び育んだかどうか、

 なのではないかなと私は考えますが、どうでしょう?







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



天使のメッセージ〈2〉幸せに導く愛の言葉

中森じゅあん 大和出版 1996-08
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年11月23日

困ったときは「本当に困るんだろうか?」と自問する




愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉」(池田光/イースト・プレス)より


『「困ったなあ」と思うことが、

 ときにはあるでしょう。

 そんなときは、「本当に困るんだろうか?」と

 自問してください。』(p28)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「心配事の9割は起こらない

 という本がベストセラーになったのも、

 個人的には記憶に新しいところ。

 まさに言い得て妙で、キャッチーなタイトルです。



 もちろん人生では、

 「残りの1割」にあたる災難のような出来事、

 つまり「困りごと」が降ってくることもあります。



 ですが一部の人にとって、この「困りごと」は、

 1割ではなく5割や8割、限りなく10割に近い、

 ということもあるのです。



 それはどういうことか。

 9割もの「無駄な不安・危機感」を抱く大多数の人と違い、

 起きるかどうかもわからないことに気を揉まないし、

 実際に起きたところで何とかなる、と心を保っている。



 そもそも、「困りごと」とは何なのか、

 ということを理解して、大らかに覚悟を据えているのです。

『たえず“悩みっぱなし”という人は、自分の出している答えが間違っている、ということなんですね。
 こんなとき、神様は次のように教えているんです。「早く答えの間違いに気づいて、困ったことは起こらないと考えなさい!」と。』(p28)
『問題とは、あなたを成長させようという、あなたに固有のもの。だから、既成の成功法なんてちっとも役に立ちません。ただ、考え方だけが問題を解決させるのです。
 では、どう考えればいいのかというと、「本当にこのことで私は困るのだろうか」と自問することです。』(p28)


 たとえば、こんな心配。

「試験に落ちたらどうしよう、困っちゃう」

「彼女に振られたらどうしよう、弱ったな」

「リストラされたらどうしよう、正直参る」

「病気や怪我になったらどうしよう、怖い」



 どれも、そうなったところで人生は終わりません。

 落第や失職すると地球の大気が消えるわけでも、

 失恋や傷病で太陽が割れるわけでもありません。



 途方には暮れるかもしれませんが、

 完全な八方塞がりになることだけは、絶対にありません。 

 必ず何かしら別の「道」が、存在しているもの。

 ただ、それを見ようとしているかどうかの違い――



 それが「困ったことは起こらない」が示す「道」、

 とも言えるかもしれませんよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉 ―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!(East Press Business)

池田光 イースト・プレス 2008-02-01
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年11月22日

細心熟慮は計画の要能、虚心平気は実施の原力



秋山真之―伝説の名参謀」(神川武利/PHP研究所)より


『細心熟慮は計画の要能にして、

 虚心平気は実施の原力なり』(p139)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 今日のフレーズを別の形にすると、
 こうなるのではないでしょうか。
   ↓ ↓ ↓
 『悲観論で備え、楽観論で行動せよ。
 


 事前に計画を練る、という段階では、

 失敗するパターンも多数想定できるはず。



 いざ準備が整い、動き出してから、

 脳内の失敗ルートが不安を呼び、

 不安が萎縮や過度の緊張を招き、

 結果として「やっぱり失敗した……」なんてケースは、

 個人的経験だけで考えても、枚挙に暇がないことでしょう。



 だからこそ、これらのフレーズが身にしみるというものです。

敗けぬ気と油断せざる心ある人は、無識なりとも用兵家たるを得...
 自啓自発せざる者は、教えたりとも実施すること能わず...
 虚心平気ならんと欲せば静界動界に工夫して人欲の心雲を払い、無我の妙域に達せざるべからず。兵術の研究は心気鍛錬に伴うを要す』(p139)


 蛇足ですが、「無識」といっても、

 本当に「知見や学識がない」という意味ではないでしょう。

 むしろ「無学歴」というニュアンスに近いかもしれません。



 なぜなら、「敗けぬ気と油断せざる心」があれば、

 自然と自ら学びはじめ、知恵を得るものですから。

 これが「自啓自発」ということにもつながりますね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



秋山真之―伝説の名参謀 (PHP文庫)

神川武利 PHP研究所 2000-02
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年11月21日

自分に不安を抱く人ほど、他人を無価値化しようとする



他人を攻撃せずにはいられない人」(片田珠美/PHP研究所)より

「他人を攻撃せずにはいられない人」


『自分の能力に不安を抱いていて、

 自信のない人ほど、他人を無価値化して、

 自分自身の価値を保とうと

 するのである。』(p109)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 まず「無価値化」とは、

 具体的にどういうものでしょうか。



 「お前はダメ人間だ」「あいつは無価値なやつだ」

 などと、時には本人に対し直接、しつこく吹き込み、

 時には周囲の人間に向けて繰り返し宣伝する。

 

 いわば周囲にとっては「株(評価)を下げ」させ、

 本人にとっては「力を失くす」ように仕向けること。



 もちろん、たとえ実際には言葉通りにならなくても、

 無価値化を目論む当人が「しめしめ」と思い、

 自己満足が得られさえすれば、一応の「成果」です。

 (もちろん、実情と異なればすぐに露呈しますが)

『まず、無価値化によって、世界を、善=価値のある存在と、悪=価値のない存在の2つに分けることができるからである。もちろん、この分割によって、攻撃欲の強い人は、善の側に立つことができるわけである。』(p109)


 この「自己満足」の別名が、「優越感」。

 そして、そうまでして優越感を得たがる理由。

 それが、自身ではどうしようもない自信のなさ、

 すなわち「劣等感」に他なりません。



 言うまでもありませんが、

 この劣等感という代物は、大きければ大きいほど、

 自分自身で直視するのが恐ろしくて仕方なくなる。

 そんな性質を持っていますね。

『しかも、他人の価値を低下させれば、自分とは異なる考え方や見方を排除することができるので、自分のライフスタイルに疑問を感じなくてすむ。結局、価値があるのは自分自身のライフスタイルだけだというふうに思い込んで、そこに安住していられるわけである。』(p109)


 つまり、こういうことになります。



 「日頃の人間関係で、誰かを無価値化したがる人」

 イコール、

 「自らの内面を観る勇気のない、懦弱で臆病な人」。



 このことをしっかり見抜いてしまえば、しめたもの。

 特に利害関係がない場合に限るとはいえ、

 ネガティブキャンペーンを仕掛けてくる相手に対し、

 「弱い犬ほどよく吠える」と受け流して、

 真に受けずにすむのですから。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

片田珠美 PHP研究所 2013-11-15
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ