フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月28日

「聞く」は口ベタにとって最大の武器


うまく話せなくても生きていく方法」(梶原しげる/PHP研究所)より


『「聞く」は口ベタにとって最大の武器』(p127)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 会って話すと書いて会話。

 つまり、原則として複数人でこそ可能なもの。

 必然、話す側と聞く側が、

 必ずその都度、対で存在します。



 口ベタ、しゃべるのが苦手という自覚があると、

 自然と口数は少なくなるものです、が。

 会話にあってはその分、「聞く比率」が高まります。



 これは、むしろ宝の山が目の前にあるようなもの。

 まず肝心は、宝の山と気づけるかどうか、

 ともいえますね。

『人間はつい自分の「できないこと」に焦点を当ててしまうので、口ベタな人は「上手に話したい」とばかり考えがちですが、本来の目的は「周囲の人たちと良好な関係を築く」ことのはずです。...
 では、話すのが苦手な人が「できること」のなかで、最大の武器になりうるのは何か?
 それは、しっかり観察して「聞く」ことにほかなりません。』(p128)
『口ベタな人も、相手の話をよく聞き、その表情を読み取りながら、自分のすべきことをじっくり考える余裕があります。そのぶん、ひたすらしゃべりまくっている人よりも、仕事におけるさまざまな判断を正しく下せることになります。
 それから、しゃべりに自信がないと自覚できている人には、気配り、気働きというコミュニケーションを大事にして、口達者な人よりも多様に工夫する可能性があります。』(p125)


 どんな金脈鉱脈も、地道に掘り進まずには、

 「当たり」をひくことはかないません。

 重機や爆薬がなければ、ツルハシやスコップを握ってでも。



 「自分は何も持っていない」とは考えず、

 「自分にあるもの、できることを使う」と見れば、

 あなただからこそのお宝を手にできるはずですよ。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



うまく話せなくても生きていく方法 (PHP新書)

梶原しげる PHP研究所 2011-04-21
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ