フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月23日

批判されたとき、自分の思いのほどがわかる



「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉」(植西聰/三笠書房)より


『人に批判されたとき、

 自分の思いが、どれほどのものか

 わかります』(p89)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 風と水のような心と、火と地のような心。

 意欲に満ちた心のありよう、その傾向には、

 大まかに区別すれば、このふたつがあります。



 前者は、苦難もたおやかに受け流し、

 流れるように広がり進んでいく柔軟性。



 後者は、熱くたぎりながらもドッシリと構え、

 いかなる苦難も弾き返し、突破する力強さ。



 今日のフレーズは、

 どちらかといえば後者にあたります。

紅炉上一点の雪...
「赤く焼けた鉄板の上に落ちた、一片の雪」というのが言葉そのものの意味です。』(p88)
『アイデアや仕事を実現させたいという「熱い意欲」があれば、他人の批判など「一点の雪」に過ぎません。また立ち上がって動き出すことができるのです。
 人の言葉に、多少落ち込むことがあっても何度でもチャレンジできる人の心には、熱い信念がたぎっているものなのです。』(p89)


 とはいえ中には、

 「自分にはそんな熱い信念なんてたぎってなんかいない」

 とお悩みの方もいるかもしれません。



 そんな時は、逆に考えましょう。

 「何度でも挑戦する気になんて、どうしてもなれない」

 という対象は、あなたが真に求めているものではない、と。



 無理やり頑張って火を点すのも一つの方向性ですが、

 それでは上手くいかない性質だから、苦悩に陥ります。



 ですからもしも、何かの拍子で批判に出遭ったとき、

 「負けてなるものか」という感情が湧いてきたら、

 それが「信念がそこにある」サイン。



 あとは、見逃さずに立ち上がるかどうかですよ。







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2011-03-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ