フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月21日

実行しない人間は批評家である場合が多い



自分のための人生」(ウエイン・W・ダイアー/三笠書房)より


実行しない人間というのは

 批評家である場合が多い。』(p222)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 まず、勘違いしないでおきたいのは、

 「批評家には実行しない人間が多い」

 のではなく、

 「実行しない人間には批評家が多い」

 ということ。



 自らその道に造詣があり、

 あるいは批評対象と同じ分野や領域にいて、

 実際に働きを積んでいるからこその、

 的確な批評も数多くあります。



 問題は――野球にたとえるなら、

 バットもグローブもボールにさえも触れたことがないのに、

 プロ野球選手を指差して、ヘタクソだと酷評するような、

 つまり我が身として省みることのない「批評家」です。

『実行しない人間というのは批評家である場合が多い。つまり自分では何もせず<、実行する人のことを傍観しては、そのやり方を賢者然として、とやかくけなす人間だということだ。
 批評家になることは簡単である...自分自身や周囲の人を振り返ってみれば、人が集まればすぐに何かについての批評が始まることがわかる。なぜであろうか。それは、自分自身が行為者になるよりは、他人の行為についてあれこれ言うほうがずっと楽だからである。
 建設的な批評は役には立つが、もしあなたが、何ごとでも実行するより傍観者となるほうを選ぶなら、あなたは成長していないのである。』(p222-223)


 プロ野球選手は、他の選手のあら探しをすることで成長し、

 プロになるまでに至ったのか――答えは明確にノーです。



 自分の弱点は研究したかもしれませんが、

 他人をとやかくいうヒマがあったら自分を鍛える、

 そんな選択を続けて、積み重ねてこなければ、

 プロの試合の場に立つには決して至らなかったでしょう。



 なぜなら周りの選手たちの誰もが、

 同様に自らを鍛え上げているから。



 そんなプロスポーツの競争世界に比べれば、

 私たちが「批評家」から「実行者」になることは、

 大して難しいことではないのではないでしょうか。

『あらさがしをしたり、我田引水ばかりする批評家は無視するに越したことはない。そのためにはまず第一に、自分自身にも同じような行動をする傾向があることを認めることである。次に、そういう傾向を完全になくそうと決心することである。そうすれば、やるべきことを先に延ばして他人の批評ばかりしている人間ではなく、実行に移せる人間になれるのだ。』(p223-224)


 蛇足ですが、先ほどの野球の例のような人が、

 実際にバットやグローブを手に取り、

 グラウンドでボールに向かえばどうなるか。



 結果的にはふたつにひとつ。

 「野球なんてつまらない」と批評の範囲を広げるか。

 「プロ野球選手ってすごいな」と感心するか。

 こんな具合かと考えますが……さて、実際はどうでしょうね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



 
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ