フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月16日

仕組み化とは再現性を持たせること




レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」(本田直之/幻冬舎)より



『「仕組み化」とは、別の言葉で言えば、

 再現性を持たせることです。』(p40)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 偶然、野生の稲が生えている土地を見つけ、

 ここなら米が育つのか、と考えついたので、

 手持ちの苗を適当に植えたとしましょう。



 だからといって、翌年に育つわけではないものです。

 まずはきちんと土を耕し、水を引き、田を整え、

 つまり「仕組みを作って」いなければ、

 続けて立派な稲は実りませんよね。



 ただの希望的観測や偶然頼み、

 ガムシャラで猪突猛進な体当たりばかりでは、

 もちろんうまくいくこともあるにはありますが、

 なにぶん「後が続かない」状態になりがちです。



 きちんと、頭も働かせる必要があるわけです。

 仕組みについての創造力、という形で。

『「仕組み化」とは、別の言葉で言えば、再現性を持たせることです。
 たとえば、いつもは五時間かかっていた仕事が、たまたまその日だけ、ラッキーなことが重なって一時間で終わってしまうこともあるでしょう。
 しかし、その日だけで終わってしまい、後に続かなければ、浮いた四時間は時間資産とは言えません。体系立ったやり方を考え、その後もずっと一時間で終わらせられるようにすることが、再現性を持たせるということなのです。』(p40)
『節約的なテクニックばかりに目を向けるのではなく、常に、今やっている仕事を半分の時間で済ませる方法はないかと考えることで、さまざまなブレイクスルーの可能性が開けてくるはずです。』(p42)


 新たな仕組みを必要とする場合、

 あるいは仕組みを変える必要がある場合。

 それは今まで当然と思い込んできたやり方を、

 根底から見直し、時にごっそり覆すことにも繋がります。

 

 今のやり方が本当にベストなのか?

 今後、無理なく末長く続けられるように、

 もっと違うアプローチを試せるのではないか?



 そんな自問を地道に続けた人になら、

 きっと新しい仕組みを、新種の稲の実りを、

 世に産み出せることでしょう。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

本田直之 幻冬舎 2007-05
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ