フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月09日

ボランティアは提供する技術のプロでなければならない




生きかた上手」(日野原重明/ユーリーグ)より


ボランティアは、提供する技術において

 プロでなければならない』(p117)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「生きがい」を感じるとき。

 それは、何かを行った結果として、

 金品などの報酬をもらうときでしょうか。



 むしろ、報酬につながるかどうかは不明でも、

 何かに没頭し、喜々として打ち込んでいるとき、

 という方は多いのではと考えます。



 さらに言えば、多くの場合、

 没頭できることは「得意なこと」でもあるもの。

 最低限、故あって身に備わった技術や感性であり、

 他の人も皆できるとは限らないものです。



 磨いた技術、そして成長した自分で、人に喜ばれる。

 そのときの「嬉しさの感じやすさ」は、

 単なる雑用より確実に上ですよね。

『ボランティアに要求されるものが、いつもそのときどきに足りない人手を補うような雑用ばかりであったなら、ボランティアをやってこそ味わえる喜びはなかなか実感できません。...
 ボランティアを募集する側にも、充分なボランティア精神の理解が必要であり、ボランティアを労働力として使うのではなく、ボランティアを育てていこう、というくらいの意識が望まれるのです。』(p117-118)
『私が道をひらいた血圧測定ボランティアのご婦人たちも、その腕と知識においてはプロ顔負けです。...
 ボランティアを尊重して起用すれば、ボランティアは、その技術においても、人間としても驚くほど成長します。』(p119)


 生きがいを感じられる「何か」を存分に楽しみ、

 なおかつ人に喜ばれて充実感を得る。

 ふたつは同時に成り立たないなんてことはなく、

 むしろ相乗効果の関係でさえあるわけですね。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



生きかた上手

日野原重明 ユーリーグ 2001-12
売り上げランキング : 76654
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ