フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月08日

やきもちを焼く人は人生を楽しめない



心がスーッと晴れる一日禅語」(境野勝悟/三笠書房)より


『人の喜びに、やきもちをやく人は、

 自分の人生を楽しめない人だ。』(p77)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 恋愛の上でのやきもちは、

 ちょっとしたスパイスになります。

 一方、他人を妬む意味でのやきもちは、

 劇薬とも毒薬ともつきません。

 妬む人はもちろん、ことによると妬まれた人の幸せも、

 強力に腐らせ破壊してしまう効力があります。



 中和剤的なものがある場合ならともかく、

 原則として、うかつに触らないのが賢明です。

『人の喜びに、やきもちをやく人がいる。こっちが喜んでいるのだから、一緒に喜んでくれればいいのに、やきもちをやくだけじゃなく、意地悪を仕掛けてくる。
 こういう人に、「やきもちなんかやくなよ」とか、「意地悪は、みにくいよ」とかいって、何とか軌道を修正してやろうとしたところで、効果は、ない。』(p77)
『「関」という禅語が、ある。かんぬき(門をしっかり閉じるための横木)とか「へだつ」という意味である。自分の幸福な気持ちとか、安らかな気持ちをグチャグチャにしてしまうような人は、ぴしゃっと玄関の戸にカギをかけて、自分の心の中に侵入させない……という意味である。...幸福感度の高い、豊かで明るい心の人には、中に入ってもらうが、やきもちやきや意地悪な人には、玄関にしっかりと鍵をかけ、中には入れない。』(p77)


 あなたの人生における責任は、

 究極的にたったひとつ。

 あなた自身の心の幸せを、

 他人にみだりに左右させないこと。



 反応的・被害者的な人生と、

 主体的・自律的――自分のための人生との違いは、

 この「レスポンシビリティ」にかかっています。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


心がスーッと晴れる一日禅語 (知的生きかた文庫)

境野勝悟 三笠書房 2011-07-21
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ