フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月04日

「飽きっぽい」は人間だけの能力



結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方」(茂木健一郎/学研パブリッシング)より


『「飽きっぽい」というのは、

 人間の脳だけが持つ特殊な能力だ

 と私は思っています。』(p98)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 (主に産業用)ロボットの最大の特性は、

 「あらかじめセットされた同じ作業を、

  正確に反復し続けられる」ことにあります。

 逆に言えば、それ以外はできません。

 つまり、この「特性」は長所とも短所ともいえます。



 さて。一方、同じことをヒトに当てはめると?


『「飽きっぽい」というのは、人間の脳だけが持つ特殊な能力だと私は思っています。というのも、人工知能が備えているのは「飽きない能力」だからです。』(p98)
『つまり人間の脳は、ひとつのことに集中できる時間が限られているのです。私はこれを人間が持つ優位な点と考えています。...
 何かをしていて飽きてしまうのは、好奇心が旺盛な人間の特性が発揮されている状態だといえます。
 いろいろな仕事に興味を持ってぎゅっと集中し、瞬時に脳を切り替えていく。
 それではどの仕事も中途半端に終わってしまうでしょうか?
 意外なことに、どの仕事の精度も上がっていることに気がつくはずです。なぜなら、それが脳の働きにそった仕事の進め方だからです。』(p98-99)


 まったく同じルーチンに、まったく飽きがこないとしたら?

 そこには新たな工夫が入り込む余地(空き)はできません。



 飽きることで、意識に空きが生じて、

 新しいこと風が吹き込んでくる――

 そう考えれば、立派なひとつの才能でもあるのです。

 もちろん、あとはそれを活かすかどうかですけどね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

茂木健一郎 学研パブリッシング 2015-04-21
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ