フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年10月26日

企業の最大評価基準は継続



仕事を通して人が成長する会社」(中沢孝夫/PHP研究所)より


『企業の評価基準の最大項目に

 「継続」が挙げられる』(p111)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 恐竜は、気候環境の変化に耐え切れず、

 絶滅してしまったとの説が有力です。



 より本質的には、

 変化する環境に対応して変化(=進化)する力を、

 いわば「柔軟性に富んだ生命力」を備えていなかった、

 と表現できるのではないでしょうか。



 ヒト、人類がそれなりに地球上で生き永らえているのも、

 比較的「環境適応性の高い生命体」だからのはず。



 ヒトの集合体である会社・企業組織にも、

 根底には同種の「生命力」が息づいている、

 と考えるのは突飛なことでしょうか?

『「良い会社」であるかどうかの指標は、すでに述べてきたように、まず継続性である。花火のように一瞬輝くだけでは仕方がない。継続の次は利益率である。そしてもう一つ大事なのは従業員の定着性だ。』(p130)
『三十年四十年の間に、本人の意思とは無関係に事業の縮小や撤退を余儀なくされることも、よくあることだ。競争力を失ったり、代替物の登場で社会的に不要になってしまったり、あるいはマーケットが極端に小さくなってしまう商品は無数にある。...
 企業の評価基準の最大項目に「継続」が挙げられるのはそれ故だ。時代の変化に対応して、次々と社会に必要とされるものを送り出すということは、「企業として生命力をもっている」ということである。そのようにして継続する企業は、雇用されている人間の暮らしの安定を支えている。』(p111)


「長く続く」というのは、

 実は結果論でしかありません。



「今」を生きる。

 それも、都度、より良い方向へと指向し続けて、

 積み重なっていつのまにか、老舗になっていた、

 というのが実態であり、本来です。



 そして、同じ「今」は二度とありません。

 であれば、単に過去と同じことだけを繰り返す企業は、

 「恐竜」か「人類」、どちらにあたるかは明白です。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



仕事を通して人が成長する会社 (PHP新書)

中沢孝夫 PHP研究所 2010-09-16
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年10月25日

「なんで?」「訊けばいい」



カナエの星 (3)」(高橋弥七郎/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)より



『「なんで今頃...?

 てゆーか、なんであの子が...?」

 カナエの回答は単純明快だった。

訊けばいい。行こう」』(p145)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 「百聞は一見にしかず」

 「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」

 目見と聴聞の違いはあれど、

 これらふたつのことわざは、

 本質的に同じ教訓を指し示しています。



 「自らの耳目で、肌で確かめよ」と。



 わからないことに出くわしたとき。

 体当たりで解を探り当てるにせよ、

 識者や外野に求めた意見から答を得るにせよ。



 結局は自らの五感六感を働かせずには、

 すなわち「行動」なしには、立ち行かないのです。



 この、まさに“単純明快”な原理原則を、

 私たちはしばしば忘れては、

 頭の中だけでこねくり回してしまいがちです。

『そよぎパペットの方は、分からないことが二つ三つ増えたことに、首を傾げる。
「なんで今頃出てきたの? てゆーか、なんであの子が戦ってるの?」
 カナエの回答は単純明快だった。
「訊けばいい。行こう」』(p145)
『色々やってみたけど効果がなくてさ。んで、このまま崩壊点に着くまで周りでジタバタしてるのも芸がないから、頼れるところには頼って、アレの情報を少しでも集めとこうと思ったわけ』(p33)


 逆にいえば、行動が答えである、とさえいえます。

 いや、時として「行動しない」ことが正解、

 ということもあるでしょう。



 ですから正確には、

 「行動するかしないか、という行動を選ぶ」

 つまり「意志を持って選択する」が、

 あなたにとって、あなたの人生にとっての、

 本当の意味での正解なのかもしれません。



 もちろん、この説に対するあなたの返答さえも。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



カナエの星 (3) (電撃文庫)

高橋弥七郎 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-09-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年10月24日

ふとした表情が、心を明るくする



超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる」(境野勝悟/三笠書房)より



『近ごろになって、ふとした相手の言葉づかいとか、

 表情というものが、自分の心を明るくしたり、

 逆に傷をつけられて、

 面白くなくなったりすることが、

 意外に多いことに気がついた。』(p197)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 職場で毎朝こちらから挨拶しても、ろくに返事がない。

 むすっとした不機嫌そうな顔のまま、目も合わせてくれない。

 何か手伝うことはないかと聞いても、

 自分でやるからと、たいてい断られる。

 きっとこちらのことが嫌いなんだな、

 と思って距離をおいたものの、息苦しい。



 そんなある日、ひょんなことから、

 単に向こうもこちらとどう接していいかわからなかっただけ、

 と判明し、息苦しさも一瞬で雲散霧消。めでたしめでたし。

 

 これは実は、昔あった個人的な経験談です。

 自分にとっても他人にとっても、

 挨拶や返事、まさに日々のちょっとした表情が、

 心の軽さ、自由さに計り知れない影響を及ぼす――

 身をもってそれを理解した出来事でした。



 同じような経験が、あなたにもありませんか?

『まじめに話しかけているのに、返事もしてくれない。たとえしてくれても、力なく「はーい」と、ふてぶてしく返答されると、カチンと来る。
 こちらから、なにかを頼んでも、「ハイ」と気持ちよく返事をしてくれると、なんと、心がスッキリすることか。いかに、元気がよくても、「ハイ、ハイ、ハイ」と三回も四回も言われると、なぜか、バカにされているように思う。
 頭の理屈の世界ではない。「ハイ」を、まごころこめて、誠実に一回「ハイ」といわれると、もやもやが消える。「ハイ」にも、人の苦しみを抜く力がある。』(p197)


 周囲から冷たく当たられているように感じて、

 居心地が悪く、毎日がつらい――


 
 何となくそう感じられるとき。

 もしかしたら、あなた自身が日々、

 「周囲の心を重くする表情や態度」

 をし続けているのかもしれません。



 この項目、心のチェックリストに加えておくことを、

 ぜひともオススメしますよ。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



超訳般若心経―“すべて”の悩みが小さく見えてくる (知的生きかた文庫)

境野勝悟 三笠書房 2012-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年10月23日

批判されたとき、自分の思いのほどがわかる



「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉」(植西聰/三笠書房)より


『人に批判されたとき、

 自分の思いが、どれほどのものか

 わかります』(p89)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 風と水のような心と、火と地のような心。

 意欲に満ちた心のありよう、その傾向には、

 大まかに区別すれば、このふたつがあります。



 前者は、苦難もたおやかに受け流し、

 流れるように広がり進んでいく柔軟性。



 後者は、熱くたぎりながらもドッシリと構え、

 いかなる苦難も弾き返し、突破する力強さ。



 今日のフレーズは、

 どちらかといえば後者にあたります。

紅炉上一点の雪...
「赤く焼けた鉄板の上に落ちた、一片の雪」というのが言葉そのものの意味です。』(p88)
『アイデアや仕事を実現させたいという「熱い意欲」があれば、他人の批判など「一点の雪」に過ぎません。また立ち上がって動き出すことができるのです。
 人の言葉に、多少落ち込むことがあっても何度でもチャレンジできる人の心には、熱い信念がたぎっているものなのです。』(p89)


 とはいえ中には、

 「自分にはそんな熱い信念なんてたぎってなんかいない」

 とお悩みの方もいるかもしれません。



 そんな時は、逆に考えましょう。

 「何度でも挑戦する気になんて、どうしてもなれない」

 という対象は、あなたが真に求めているものではない、と。



 無理やり頑張って火を点すのも一つの方向性ですが、

 それでは上手くいかない性質だから、苦悩に陥ります。



 ですからもしも、何かの拍子で批判に出遭ったとき、

 「負けてなるものか」という感情が湧いてきたら、

 それが「信念がそこにある」サイン。



 あとは、見逃さずに立ち上がるかどうかですよ。







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2011-03-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年10月22日

自分を人生のCEOと見なす



3週間続ければ一生が変わる」(ロビン・シャーマ/海竜社)より


『自分自身を人生のCEOと見なせば、

 自分の世界を見る目が

 抜本的に変わります。』(p262)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 人生にはいろんなことが起きてくる――

 というのは、今更言うまでもないことでしょう。



 起きてくる事象は選べませんが、

 そうなるべくして起きてきたことでもあります。

 過去の自分の選択が、その出来事に出会う方向へと

 舵をとるものであった、とも言えます。



 善し悪しや毀誉褒貶の問題では一切なく、

 純粋に因果として「自らに責任がある」わけです。

『すべての有能なCEOは、「そうなるのであれば、それはわたし次第だ」ということをわかっていて、自分自身の夢をすすめる行動をとります。...運が向いてくるのを待つのではなく、運をつかむ手段を講じるのです。』(p261)


 たとえば、毎日毎日食べ過ぎを繰り返し、

 やがて肥満に悩むようになったとして。

 「こんなはずじゃなかった」などと嘆くようでは、

 “人生のCEOという職責”を全うしているとは、

 とてもじゃありませんが言えませんよね。



 人生のCEOである、という実践は、

 つまりはこの逆を行けばよいのです。

『四十五分かけて電車通勤していました。毎日きまって目の前に座る男性がいたのですが、わたしは彼を「人生のCEOになる」という規範のモデルと見なすようになりました。
 ほとんどの通勤客が居眠りをしたり、とりとめのない空想にふけったりしているのに、その男性は運動をしながら四十五分をすごしていました。...腕のストレッチをしたり、首をまわしたり...運動する時間がないとこぼす大勢の仲間入りをせずに、自分でことを運び、機会を活用していました。たしかに、ちょっとばかげて見えました。でも、自分が正しいことをしているとわかっているときは、他人にどう思われようと気になりません。
 自分自身を人生のCEOと見なせば、自分の世界を見る目が抜本的に変わります。乗客として人生を航海するのではなく、あなたが船の船長になるのです。』(p262)


 周囲の大多数の価値観から――より正確には、

 大多数の価値観に囚われていた自分から抜け出すのは、

 たしかに楽なことではありません。



 「どう囚われているかに気付く」ことも、

 そもそも「囚われていること自体に気付く」ことでさえ、

 もうすでに難儀と言っていいでしょう。



 しかし、だからこそ、

 「自分株式会社の最高経営責任者」

 を務める覚悟を決めた人は、俄然輝きが違います。

 まさに、株価がうなぎのぼりするような具合なのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉

ロビン・シャーマ 海竜社 2009-11-03
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ